Studio RLight コラム

印刷をするといつも画像が粗い…なぜ?投稿日:2015年5月21日 カテゴリ:印刷

Microsoft OfficeのWord、Excel、Power Pointのような文書作成ソフトで、写真画像やイラストを貼りつけて印刷をすると、どうしても画像が粗くなってしまう事はないでしょうか。資料として品質を上げるには、画像をもう少し綺麗に印刷したい。

インターネットで掲載されている画像は基本的に使えない
写真画像やイラストは基本的に「素材」と呼ばれています。この素材は会社によって管理のされ方が違うため、素材探しが面倒になる例が多数あります。つまり誰がどの画像を持っているのかよくわからない状況です。そこでよく使われる素材が、実際のホームページで使われている画像をそのまま使う方法です。 しかしこれはお薦めできません。なぜならモニター表示用に必要な画質は「低画質」と呼び、オフセット印刷で使用する画質の約4分の1だからです。これでは綺麗に印刷ができません。

モニターのサイズと紙のサイズは違う
パソコンのモニターで画像が綺麗に見えていても、印刷で綺麗に出てくるとは限りません。画像には必ず縦横の寸法と、その画像に使用されている色数を示す解像度があります。印刷物で画像が粗い時は、その画像の寸法が小さいにも関わらず無理に拡大して印刷している、または画像の寸法は大きくあるのに解像度が低すぎる、という時に起こる現象です。モニター用の画像サイズと、紙に印刷する画像サイズは基本的に異なるため、画像素材の縦横の寸法と解像度を確認してから印刷しましょう。

寸法と解像度の確認方法
お使いのパソコンにAdobe社のフォトショップのようなグラフィックソフトがない場合、Microsoft OfficeのWord、Excel、Power Pointのような文書作成ソフトで、どのように画像のサイズを確認するのでしょうか。例えばWordでA4サイズの資料を作成している場合、画像を読み込むと、A4サイズの紙に対してその画像の実寸で読込まれて表示されます。その画像を拡大縮小して、実際の紙面に掲載するサイズに調整した時、モニターを見て画像が粗ければ、間違いなく印刷結果は粗い画像になるでしょう。しかし綺麗に見えていても注意が必要です。なぜならA4サイズの紙面でモニター表示の倍率が低いと、低解像度の画像でも綺麗に見えてしまいます。

 

そこで綺麗な画像サイズを確認する方法として、Wordの場合では紙面の表示サイズを150%まで拡大にします。タブの「表示」を選択して「ズーム」を選びます。すると倍率を数値入力で指定ができるようになります。拡大表示されたら、実際の紙面に掲載する画像を選択して、縦横の寸法を約2倍まで拡大にします。この時、その画像がモニター上で綺麗に見えていれば、印刷が大丈夫だといえます。これはあくまでも目安であり、社内の複合機での出力である事や、Power Pointではスクリーンに表示するための簡易的な確認方法です。印刷会社でのオフセット印刷やグラビア印刷では解像度が足りない可能性があり、専門の制作会社などで確認して頂く事をお薦めします。

 

 

印刷の相談窓口はこちら
総合広告代理店/制作スタジオ 株式会社サンケイ広伸社