Studio RLight コラム

広告選びには専門の代理店があります投稿日:2015年2月12日 カテゴリ:広告

短期間で広告できる媒体から、最低でも一カ月以上の準備をしないとできない広告まで様々あります。

意外と知られていないのですが、それぞれの広告媒体には専門の代理店が存在しています。

 

 

こんな専門の代理店がある

例えば新聞折込広告を依頼する時、最も多いのが新聞販売店や印刷会社へ折込の問い合わせが寄せられる事です。

実は新聞折込広告代理店という専門の会社があります。求人広告を出す時も、求人媒体を持っている専門会社や、連合広告と呼ばれる求人チラシを折込する会社もあります。また電車の中吊り広告など、交通広告を管理する専門の会社もあります。印刷会社が窓口をする事はありますが、専門の広告代理店ではありませんのでご注意下さい。

専門の代理店を利用すると何が良いの?

利点は第一に、その広告の専門資料を持っている事や、その広告の効果について長年の実績と経験で情報を多数持っている事です。

第二に代理店は、手数料で収益を得ていますが、代理店に依頼する事で広告費用が高くなる事はありません。基本的に広告掲載料には手数料がすでに含まれている事が多いからです。

第三に広告掲載までの準備から掲載まで、その工程についても一括で相談する事ができます。広告には掲載だけでなく、広告の企画や制作が必要となります。

広告代理店の選び方で注意するべき点は?

どの広告媒体に掲載するか決まっているのであれば、専門の代理店へ問い合わせましょう!

どんな広告媒体にするか検討しているのであれば、一般的な広告代理店へ問い合わせる事で、ある程度の広告の紹介や情報を得る事ができるでしょう。

但し、医者や弁護士と同じように、広告代理店であっても得意分野が必ずあります!

決め手となる広告代理店はやはり企画力と提案力

広告掲載の手配だけをする代理店があれば、広告の掲載に対して告知戦略から広告制作まで相談できる代理店があります。

一方、実は広告を出す側である広告主にも様々なタイプがいて、自身で広告の出し方を判断・決定する人もいれば、相談をしながら担当者と決めていく人がいます。告知方法は人によるといえるでしょう。

あなたがどのタイプで、どんな広告代理店に相談するのか、検討する事をお薦めします!

インターネットなどで検索をする場合は価格だけでなく、その代理店が広告業にどこまで精通して、あなたにとって良き相談者であるか是非お考え下さい!

 

広告全般の相談窓口はこちら

総合広告代理店/制作スタジオ 株式会社サンケイ広伸社